news

Exhibition view: Keizo Kioku

party shot: masayukisaito

 

Share on Facebook

G-tokyo 2012 は無事に閉幕しました。今年もたくさんの方にご来場いただきました。
心よりお礼申し上げます。今後ともG-tokyoをよろしくお願いいたします。

Share on Facebook

2月26日(日)開催のG-tokyoトーク・セッションですが、ご好評につき両プログラムともに
予約のお申し込み受付を終了いたしました。沢山のご応募を有難うございました。

*システムの不具合によりEventページには申し込みボタンが表示されたままになっておりますので
ご注意ください。

Share on Facebook

【Meet the artists】

G-tokyo出展アーティストが会期中に来場いたします。
作品についてアーティストに直接質問もできる貴重な機会です。
この時間を狙って是非お越しください!

◆日時:2月25日(土) 15:00−16:00

◆来場予定アーティスト
アラタニウラノ      小西紀行
ミヅマアートギャラリー  棚田康司
SCAI THE BATHHOUSE   荒神明香、小牟田悠介
シュウゴアーツ      藤本由紀夫
山本現代         小林耕平
トークセッション、プログラムB「アートフェアのリテラシー」も引き続きお申し込み受付中です。
入場無料(G-tokyo 2012のチケットまたは半券をご提示ください)/事前予約制→EVENT
Share on Facebook

G-tokyo 2012 トークイベント新プログラムが決定しました。
【プログラムA】
『 山口 晃 トーク 』
2月26日(日)13:00-14:30
会場:アカデミーヒルズ「スカイスタジオ」六本木ヒルズ森タワー49階
定員:120名

※定員に達しましたので申込み受付を終了しました。
キャンセルなどで当日お席をご用意できる場合は、HP又は公式ツイッターでお知らせいたします。


プロフィール

山口晃(やまぐちあきら)

1969年東京生まれ、群馬県桐生市に育つ。
96年東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修士課程修了。

時空の混在し、古今東西様々な事象や風俗が、卓越した画力によって画面狭しと描き込まれた都市鳥瞰図・合戦図など
観客を飽きさせないユーモアとシニカルさを織り交ぜた作風に代表される。
また、絵画のみならず立体、漫画、インスタレーションなど表現方法は多岐にわたる。

近年の展覧会として、11年3月にはNYのジャパン・ソサエティにて「Bye Bye
Kitty!!!」展(アメリカ)、
同年3月ジャパン・クリエイティブ・センター(シンガポール)にて個展「Singa-planet」など。

現在、メゾンエルメス8階フォーラム(東京)にて開催中の「望郷―TOKIORE(I)MIX」が早くも話題を呼んでいる。
(〜5月13日まで)
*トークセッション【プログラムB】もお申込み受付中です!
Share on Facebook

毎回好評を博しているトークイベント。今年のプログラムのご案内です。

皆さまのご参加をお待ちしております!

 

 

【プログラムA】

2月26日(日)13:00-

会場:アカデミーヒルズ「スカイスタジオ」六本木ヒルズ森タワー49階

 

*詳細が決まり次第、EVENT ページにて発表いたします。

 

 

【プログラムB】

テーマ:『アートフェアのリテラシー』

2月26日(日)15:30-17:30

 

アートフェアの仕組みやギャラリーの仕事、世界のアートフェア事情と日本の状況、そして気になるアートピースの価格や価値のことなど、ギャラリーやアートフェアに関する様々なクエスチョンに2人のギャラリストが答えます。質問をするのはビジネスシーンの第一線で活躍する松本大氏と遠山正道氏。現代アートに造詣が深い両氏と世界のアートマーケットを熟知するギャラリストと共に、知っているようで知らない基礎知識から達人向けの最新情報までを楽しく共有してみませんか?

 

ゲスト(敬称略):

松本 大(マネックス証券代表取締役社長CEO)

遠山 正道 (株式会社スマイルズ代表取締役社長)

大田 秀則(オオタファインアーツ)

吉井 仁実(hiromiyoshii)

 

モデレーター:フェリエ肇子(G-tokyoディレクター)

 

会場:アカデミーヒルズ「スカイスタジオ」六本木ヒルズ森タワー49階

定員 : 120名

Share on Facebook

「アートフェアを超えるアートフェア」がテーマの今年のG-tokyoでは、15ギャラリーの展示に加えて特別企画を行います。どうぞご期待ください。

特別企画1:G-tokyo / α Exhibition
アートフェアの醍醐味、それは作品を“買う”ことです。作品を買うことの楽しさ、所有することの喜びをより多くの方に知っていただきたい。そんな思いで企画したのが「G-tokyo / α Exhibition」です。トップギャラリー一押しの若手作家の新作を中心に、手ごろな価格/サイズの作品を展示いたします。中には、今をときめくスター作家の作品も…!

●出展アーティスト
衣川明子(アラタニウラノ)
増田佳江(ギャラリー小柳)
山口智子(ギャラリー小柳)
ピーター・マクドナルド(ギャラリーSIDE 2)
渡辺泰子(ギャラリーSIDE 2)
武田陽介(ヒロミヨシイ)
横内賢太郎(ケンジタキギャラリー)
鷹取雅一(児玉画廊)
渡辺豊(小山登美夫ギャラリー)
風能奈々(小山登美夫ギャラリー)
近藤聡乃(ミヅマアートギャラリー)
猪瀬直哉(オオタファインアーツ)
名和晃平(SCAI THE BATHHOUSE)
塩保朋子(SCAI THE BATHHOUSE)
近藤亜樹(シュウゴアーツ)
鹿野震一郎(シュウゴアーツ)
法貴信也(タカ・イシイギャラリー)
佐伯洋江(タカ・イシイギャラリー)
春木麻衣子(TARO NASU)
政田武史(ワコウ・ワークス・オブ・アート)
児嶋サコ(山本現代)
佃弘樹(NANZUKA)

特別企画2:NANZUKA

ゲストギャラリーとして、NANZUKAが出展いたします。東京の現代アートシー
ンを支える若いギャラリーが G-tokyo に新しい表情を添えます。

●展示内容
田名網敬一が 1971~1975 年に制作した映像作品の展示。
4~5点のブラウン管 TV モニターを用いてのインスタレーション。

Share on Facebook

「G-tokyo 2012」の展示ラインナップが決まりました。話題の作家の新作展、個性的なテーマ展、また海外作家の日本初個展など、トップギャラリーのみで構成される「G-tokyo」ならではの内容が目白押しです。最先端の作品が手に入るアートフェアとしてはもちろんのこと、上質の展覧会としても堪能できる「G-tokyo 2012」。ベテランコレクターからアートファンまで、幅広い方々を魅了するたった 2 日間の貴重な祭典です。どうぞご期待ください。

アラタニウラノ|幽霊と妖怪の視え方についての学習|小西紀行

ギャラリー 小柳|ドローイング、または…

(マルレーネ・デュマス、杉本博司、堂本右美、内藤礼、尹煕倉、束芋、中村哲也、佐藤允 ほか)

ギャラリーSIDE 2 | レット・ザ・ミュージック・プレイ

(スティーブン・ピピン、ウドムサック・クリサナミス、ムラタ有子、花澤武夫、渡辺泰子、占部史人)

ヒロミヨシイ | hiromiyoshii by hiromiyoshii

(泉太郎、津田直、前田圭介、明石雄、エンライトメント、レスリー・キー)

ケンジタキギャラリー | 塩田千春 新作展

児玉画廊 | ignore your perspective

(鎌田友介、貴志真生也、田中秀和、八木修平、和田真由子)

小山登美夫ギャラリー | 蜷川実花 個展

ミヅマアートギャラリー | ナミカゼ |棚田康司

オオタファインアーツ | 南隆雄

SCAI THE BATHHOUSE | 荒神明香 小牟田悠介 2人展

シュウゴアーツ | 藤本由紀夫 個展

タカ・イシイギャラリー | スターリング・ルビー

TARO NASU | サイモン・フジワラ 個展

ワコウ・ワークス・オブ・アート | ミリアム・カーン

山本現代 | 小林耕平 『転送』

(15 ギャラリー)[アルファベット順]

Share on Facebook

「現代アート コレクション講座 -ギャラリーのホンネもお話しします -」

 

      詳細はこちら

Share on Facebook

【前売り券の販売を開始しました】

ローソンチケット(Lコード:37439)
一般 900円、学生(高・大) 800円、4歳-中学生 300円、ペアチケット 1,600円

チケット購入方法はローソン店内の「Loppi」にLコード【37439】を入力!

「Loppi」操作方法は⇒こちら

【G-tokyo 2012 プレイベントのお知らせです】

ギャラリスト・トーク&ランチ
「現代アート コレクション講座 -ギャラリーのホンネもお話しします -」
「G-tokyo 2012」の開催に先立ち、現代アートシーンを牽引する出展ギャラリストを迎え、
各回20名様限定の親密トーク&ランチの会を開きます。

開催日時:2012年 2月5日(日)、2月12日(日)  12:00-14:00
各回ともに20名様までのご予約制
会費:4000円(ランチ代込み)

ゲスト:
2月5日
小柳敦子(ギャラリー小柳)、小山登美夫(小山登美夫ギャラリー)、 吉井仁実(hiromiyoshii)

2月12日
石井孝之(タカ・イシイギャラリー)、那須太郎(TARO NASU)、吉井仁美(hiromiyoshii)

内容の詳細とお申込み要領は1月14日(土)イベントページにてご案内いたします。
ご予約の受付も同日よりの開始となります。

Share on Facebook